トップページへ »

挿し木・接ぎ木

日差しの関係で接木を移動しました

 

今年の接ぎ木です。
今のところ順調です。

ブルーベリーの接木

しかし、日差しが強くなってきましたので、日のよく当たる場所から、午前中だけ日の当たる場所に移しました。

 

ブルーベリーの接木を裏庭に

 

本来なら、日陰で養生するらしいです。
水さえ切らさなかったら、日差しをたくさん浴びさせても、いいような気がするのですが、一応、折衷案として半日陰に移動です。
ちょっと気になったのは、接ぎ木の接合部分から、どれだけ水分が補給されるかということです。
地植の接ぎ木は、太陽の当たり放題ですので、大丈夫だとは思うのですが、比較的、地植に対する接ぎ木(高接ぎ)の成功率が悪いので、安全策を採りました。

 

 

 

挿し木生育状況4月

 

今年の挿し木です。
底面灌水で育てています。
底面灌水だと、晴天で乾燥が続く季節でも、1週間に一度くらい水を補給すればいいので楽ちんです。 

 

ブルーベリーの挿し木

 

 

一次成長が終わった苗もあります。

挿し木一次成長終了の証

よく見えませんが、先端が黒くなっています。

 

 

 

底面給水トレー

 

ホームセンターDで、底面灌水用のトレーを見つけました。
ぺらぺらの材質で、240円でした。

底面給水トレー

 

 

、、、で、これが、挿し木用のシステムトレーがぴったり入ります。

ブルーベリー挿し木

 

 

水を入れて、底面海水を行います。

挿し木に底面灌水

 

実は、20日から東京旅行なのです。
ちょうど役に立ちます。

 

 

 

【3/26追加記事】

挿し木

25日に帰ってきましたら、底面の水は無くなっていました。
どうも、乾燥が続いていた模様です。

底面灌水をしておいてよかったです。

 

 

 

ブルーベリー、今年の挿し木

 

今年の挿し木です。
1本だけ、ノーザンのレビールがありますが、他の39本は全てラビットアイで、接ぎ木の台木用です。

2/7から挿し木を始め、右下の3本は3/9に挿したものです。
2/9までに挿したものは、芽が展開しています。
ビニール温室に入れて、現在は、1週間に1度、灌水しています。
葉が展開してきましたので、晴れが続くと4日に1度くらいに、灌水間隔を狭める予定です。

ブルーベリーの挿し木

 

 

灌水するだけで、ぐらぐらする挿し木がありましたので支柱を立ててみました。

挿し木に支柱

ちなみに、ブルーインパルス・チャンドラーの台木からのシュートです。

 

 

 

こわがりたっくん

 

今日、トイ・ストーリー3を見ていて、はじめて映像を怖がりました。

恐がりたっくん

最近、どんどん知恵がついて、そのいっかんで「怖い」という感情が生まれたのだと思います。
つまり、物語を理解しはじめたのだと思われます。

(悪役の)猿が出てくると、怖がっていました。

いつもは一人でみられるのですが、怖がるとしがみついてきます。
これが大変かわいく、愛しいのです。

 

 

 

たまには、ブルーベリーの話題を、、、。

 

挿し木用のポットを作りました。

用土は、
 ラトビア産ピートモス 10
 ココピート 4
 パーライト 1
の割合です。
ココピートとココファイバーが違うだけで、普段の用土とほとんど変わらないです。
たぶん、これでも大丈夫でしょう。

 

用土をポットに入れます。

挿し木用土1

 

水を掛けてなじませます。

挿し木用土2

 

マルチのために、ココチップをかぶせてできあがりです。

挿し木用土3

毎年書いていますが、マルチは先に施していた方が、挿し木作業が簡単です。

 

昨年、作りすぎて、管理が大変だったので、今年は、この40ポットでお仕舞いにします。

 

 

 

接木刺し、その後

 

その後シリーズ第2弾、一昨年に行った「接木刺し」の経過報告です。

↓スパルタン(接木刺し2年生)

接木刺し、スパルタン

スパルタンにおいては、1本が育ちませんでした。
左から、
(11)ホームベル+スパルタン(舌接ぎ)
(12)ホームベル+スパルタン(切り接ぎ)
(13)ホームベル+スパルタン(割り接ぎ)

 

2011年10月25日 1年前のスパルタン(左から3鉢)、バークレー(右から2鉢)

接木刺し、スパルタン、バークレー

 

↓バークレー(接木刺し2年生)

接木刺し、バークレー

左から、
(14)ホームベル+バークレー
(15)ホームベル+バークレー

 

 

2011年10月25日 1年前のレガシー(左)とオニール(右から2鉢)

接木刺し、レガシー、オニール

 

↓レガシー、オニール(接木刺し2年生)

接木刺し、レガシー、オニール

左から、
(16)ホームベル+レガシー
(17)ホームベル+オニール
(18)ホームベル+オニール

 

 

 

2011年4月24日 3月13日に挿した挿し木(向こう列の右端を除いたものが接ぎ挿し木)

接木刺し、底面灌水

 

 

2011年7月26日 スパルタン(11)

接木刺し、スパルタン、舌接ぎ

 

2011年7月26日 スパルタン(11)

接木刺し、鉢上げ

 

 

2011年10月25日 スパルタン(11)

接木刺し、スパルタン、舌接ぎ

 

 

 

結局、続けて育てる苗を選抜しました。

接木刺し、鉢増し前

スパルタン(11)とオニール(18)です。
スパルタンは太い台木のシュートが2本も出ていたのですが、「舌接ぎ」の記念として残しました。
オニールはどうしてこの樹形の悪い苗を選抜したかは、不明です(???)。

 

 

↓スパルタン(11)5号鉢   →接木スパルタン(11)の台木のシュート

接木刺し、スパルタン/ノーザンハイブッシュ系ブルーベリースパルタンの台木(ホームベル)のシュート

 

↓オニール(18)5号鉢

接木刺し、オニール/サザンハイブッシュ系ブルーベリー

 

 

接木刺しを行ってみて(1回だけですが)、ブルーベリーの接木刺しは効率が悪いと感じました。
今回は運良くほとんど発根して育ちましたが、接木刺し2年目の成長と、穂木を接ぎ木して1年後に接ぎ木した苗と比べると、明らかに接木刺しは成長が悪いです。
結局、記念に2鉢ほど残しましたが、これから接木刺しを行うことはたぶんないでしょう。

 

 

 

デニスブルー、いろいろ

 

接木のデニスブルーです。

 

デニスブルー[328](接木1年生、7号鉢)
2012年10月18   →2012年11月21日

接木デニスブルー/ノーザンハイブッシュ系ブルーベリーデニスブルー/ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー

 

 

今年7月頃に、4号より(根鉢は崩さずに)7号に鉢増ししました。

↓7月に植え替えたのに、根が回っています。
→植え替えるために根を薄く切り取りました。

デニスブルーの根鉢デニスブルーの根をカット
↑→写真は現在のものです(11/21)。

まだ、小さい苗ですので、同じ7号に植え替えました。
これだけ根が育っていますと、来年の成長が楽しみです。

 

 

植え替えた理由は、シュートを切り取るためです。
根をかき分けて、シュートを取り去りました。

デニスブルーのシュートデニスブルーのシュートをカット

 

 

真ん中が[328]のデニスブルーです。

↓2012年2月22日接木   →2012年6月5日

デニスブルーの接木6月の接木デニスブルー

右の写真は5号に見えますが、5号のCSポットの中に、4号の苗を入れているだけです。
根に負担を掛けずに、支柱を後から立てるための苦肉の策です。

 

 

ちなみに、今年の春の親苗[68]です↓(2012年2月22日)。

デニスブルー[68]/ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー剪定前デニスブルー[68]剪定後

こんな小さな苗から穂木を撮りました。

 

 

そのせいか、調子を崩してしまいました。(2012年9月13日)。

デニスブルー[68]

 

 

 

こちらは、12月7日に鉢増しした接木デニスブルー[329](接木1年生、5号鉢)です。

接木デニスブルー[329]

 

 

ちなみに、今年の春の親苗[102]です↓(2012年2月22日)。

デニスブルー[102]剪定したデニスブルー

こちらも、こんな小さな苗から穂木を撮りました(困ったものです)。

 

 

しかし、こちらは、こんなに大きく育ちました(2012年10月24日)。

デニスブルー[102]/ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー

ちなみに、こちらの苗はベリー公さんの所から購入したものです。
いい苗をわけて頂きました。

 

デニスブルーもいろいろです。

 

 

 

今年の挿し木

 

6月に鉢上げしそびれた苗を鉢上げしました。

 

その前に、ラベルを挿しました。

ブルーベリーの挿し木1今年の挿し木2

 

 

ラベルは、2月に挿すときに、ノートに品種をメモしてあります。

ブルーベリーノート

ラベルを指す前に、挿し木ポットを入れ替えたら、品種不明になってしまいます。
今回は、ほとんど接木用の台木ですから、大丈夫ですけど、、、。

 

 

成長は、あまりよくありませんが、根張りは上々でした。

ブルーベリーの挿し木3

太さ5ミリ以上の刺し穂で、葉芽を1ないし2を残して取り去りましたので、こんなものでしょう。

 

 

100鉢以上挿してしまったため、選択していいものだけを鉢上げしました。

ブルーベリーの挿し木4

残りは、先送りです。

 

 

 

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

 

 ほとんどの人は、見たことはないと思いますが、この夏のクールで自分が一番面白いと思ったTVドラマです。テレビ朝日制作で、放送時間も23時15分から始まりますので、視聴率が5%ちょっとしかありません。自分的には、「家政婦のミタ」に優るとも劣らない出来だと思っています。

 主人公は27才のサラリーマンで、最初はどうしようもないくらい意気地無しなのですが、いろいろな人との出会いで、大きくなっていく物語です。腕力がなく、けんかなどしたことのない主人公が、愛する人を助けるために、破滅を承知でちんぴらグループの中に飛び込んでいったり、ボクシング元日本ランカーに対決を申し込んだりします。それが、「GTO」の様に、こそばゆくなるような展開ではなく、目がウルウルするような展開になります。つい、主人公のタニシ(田西)くんを応援してしまいます。

 今週の金曜日が最終回ですので、いつか再放送があったら、ためしに見てください(お勧めです)。アッキーナの入浴シーンも見られますし、3話くらいから、盛り上がっていきます。

 

 ちなみに、2番目に面白いと思ったのが、「ビギナーズ!」です。
 、、、が、これも視聴率が悪く7%強しかありません。昔から、平均的な日本人と自分のことを思っていたのですが、どうも感覚がずれてきているのかもしれません。

 

 

 

「ブルーベリー」

写真は、いずれも9月1日のものです。
鉢上げをしなかった今年の挿し木の成長がいまいちですので、1日にIB肥料を1粒ずつ与えました(試験的に、上から2、3列に2粒ずつ与えました)。

ブルーベリー挿し木

 

 

鉢上げしたものも、しないものよりは育っているような気がしますが、そんなに育っていません。

ブルーベリー接木用の挿し木

すべて、来年の(接木の)台木にする予定ですので、根だけ育ってくれればいいのですが、、、。

 

 

ちなみに、下方の2段はシャシャンボの挿し木です。

シャシャンボの挿し木

 

 

 

「僕の夏休み」

 

パウダーブルー3年生苗に接いだサミット[336]です。

サミットの接木

台木からのシュートも出ずに、うまく育ってくれました。
樹形も気に入っています。

 

今年は、1~3年生苗に接木をしてみましたが、やはり3年生に接いだものはよく育っていて、来年には収穫もできそうです。

 

 

 

昼ドラでタイムスリップするドラマだというので、フジテレビ系「僕の夏休み」を見てみました。

今日が最終回でした。
最終回は盛り上がりに欠け、物足りなかったですが、全体的には、なかなか面白かったです。
小学生の兄と妹が、昭和19年にタイムスリップしてしまいます。
タイムスリップしても、SF的要素はほとんどなく、戦中、戦後の普通の物語で、山口百恵と三浦友和の赤いシリーズを彷彿させるような奇抜な物語でした。
タイムスリップしても、そこで生きるために、その生活になじみ、昭和27年の青春編では、タイムスリップしたことなど、全く忘れてしまっているような感じです。
自分的には、タイムスリップの要素をもっと入れ込んでほしかったですが、この設定は、初めて見たものであり、新鮮でした。

TVは録画してから見るのですが、ゴールデンタイムのドラマより、優先的に見てしまいました。

 

 

 

次頁 »